クリエイティブメディアラボ 3Dプリンタの利用について

0

情報メディア創成学類では,クリラボにある3Dプリンタを所有しており,一定の条件の下に学生へ解放しています。このページでは,その利用方法・注意点などをお知らせいたします。

対象

情報メディア創成学類所属の学群学生

利用目的

学習・研究など,商用以外での利用に限る
(例:3Dモデリングの練習と出力,研究でのプロトタイプ製作 等)

利用方法

(1)下記の3Dプリンタ管理メンバーへ,氏名,学籍番号,使用目的を明記の上メールをお送りください。
 (2)使用に関する誓約書へ記入を行っていただきます。
 (3)3Dプリンタの使用方法の説明を受けていただきます。
 (4)実際に3Dプリンタを利用します。

利用上の制限事項

 詳しくは誓約書を確認していただくか,管理メンバーにお問い合わせください。

  • サポート材を溶かす強アルカリ溶液の管理は春日エリアでは困難,また,安全面から学生だけで使用させることも難しいということで,こちらは使用出来ません。モデルを分割する等で工夫していただく必要があります。(45度以上の角度があるものは印刷できません。)
  • 3Dプリンタの維持はたいへん費用がかかるもので,学類の予算で継続的に維持することが困難です。現在ある消耗品を計画的に使用していただく必要があります。
  • 上記の理由によりプリンタが壊れた場合,修理費用の捻出も難しいため大切に使ってください
  • 3Dプリンタで製作したものを販売するなど,商用目的での利用はできません
  • 管理の都合上,フィラメント交換をすぐに対応できない場合があります。交換までに時間がかかってしまう場合もありますので,あらかじめご了承ください。

利用申請・問い合わせ先

上記の通り使用を希望する場合は以下2名両方にメールをお送りください。使用に関して質問があれば,同じくこちらの2名にご連絡ください。

 情報メディア創成学類3年 鈴木一平  s1511443 [at] u.
  情報メディア創成学類3年 鈴木健太  s1511444 [at] u.
  ([at]を@に変更して,最後にtsukuba.ac.jpを追加してください)

また,使用願い兼誓約書はこちらからダウンロード出来ますので,事前にご確認ください。
 使用願い兼誓約書のダウンロード(PDF,約148KB)

0