検索力を高めよう!:検索エンジンを使いこなすコツと便利表現集(初級編)

1+

検索エンジンを活用することで,多くの問題を解決できる可能性があります。特に,計算機関係のトラブル(例:プログラミングでのエラー,ソフトウェア・アプリの使い方など)は,ブログやWebページ,情報共有サービスに投稿する人が多く,上手に検索すればすぐに情報にありつくことが出来ます。

しかしながら,GoogleやYahooをはじめとする現在の検索エンジンは,自然言語(「ここが○○というエラーが出て動かないんだけどどうすればいい?」など)による検索では,目的の情報にありつくことが出来ないことがあります。また,情報があまりにも膨大であるため,目的の情報がそれ以外の情報に埋もれてしまう可能性もあります。

そこで,今回は検索エンジンを使いこなし,目的の情報にありつくための基礎的なコツを紹介します。

各検索エンジンによる違いもあるため,ここでは圧倒的なシェアを誇るとされているGoogle検索を例に説明をします。

1:単語で区切る,名詞化をする

あなたが入力した文章に使用した接続詞と,目的のサイトにある文章に使用されている接続詞は必ずしも一致しません。まずは検索ワードを単語に分割しましょう。

Wordで文字の大きさを変更したい

          ↓

Word 文字 大きさ 変更

2:英単語をキーワードにしてみる

インターネット上の情報には,日本語で書かれているものよりも英語で記述されたものが圧倒的に数多くあります。日本語でも検索して情報が見つからない場合は,英語での検索も試してみましょう

英語の原文を見ながら推測するのももちろん良いですが,検索結果のページをまるまる翻訳するリンクも用意されています。

3:指定のための条件を使う

引用符:「”ここに入るのは検索ワードです”」

Googleが検索ワードを認識して自動で単語に分割してくれることがありますが,分割せずそのまま検索してほしい場合に使います。

マイナス:「検索ワード -除外したい単語」

除外したい単語がある場合には,その単語の前にマイナスを付けます。たとえば,同名の意図しない検索結果を除外するのに使います。

4:日時・期間を設定する

検索窓下部の「ツール」メニューから,時間を指定して検索することが出来ます。アップデートが早い事柄に関する情報,速報ニュースについてなど,タイムリーな情報を調べたい時に役立ちます。また,自由な期間指定も出来るので,ある特定の時期に更新されたサイトのみを探すことも出来ます。

5:画像を条件に分けて探す

画像検索ではさらに条件指定が豊富になります。画像の大きさ,色,種類(写真なのかイラストなのか等),ライセンスなどの条件を付けて検索することが出来ます。

特に,課題や論文執筆,プレゼン資料作成などで役に立つのがライセンスによるフィルタリングです。ロイヤリティーフリーの画像を探すのに役立ちます。

6:特定のサイト内から検索する

「検索ワード site:tsukuba.ac.jp」

特定のサイトに対してのみ検索をすることができます。サイトから画像だけを抽出して探したいときにも役立ちます。「:」の前後にスペースを入れないように注意してください。

7:便利なフレーズ集

ほかにも,検索に使える便利なフレーズをいくつか挙げておきます。

とは:「検索ワードとは」,意味:「検索ワード 意味」


辞書やWikipediaなど,定義や意味などを調べる時に便利です。

英語:「検索ワード 英語」

英語に限らず,翻訳サイトに移動しなくても検索結果で翻訳を表示してくれます。

〜を○で(通貨):「100ドルを円で」

天気:「場所 天気」

ルート検索:「つくば駅から東京駅」

そのままGoogleMapsの検索結果にも移動出来ます。

これ以外の検索方法は,ぜひ検索で探してみましょう!

Googleやその他のサービスでは,今回紹介したもの以外にも多くの便利な機能・使える表現があります。ぜひ,他にも検索してコツを覚えて,自分で調べて解決する力を身につけましょう!

Googleにおけるその他の例→ウェブ検索の精度を高める – ウェブ検索 ヘルプ
https://support.google.com/websearch/answer/2466433?hl=ja

複数の検索窓に条件を入力する方法もあります。
 → 

1+