全学計算機のプリンタの便利な使い方

0

 

筑波大学の計算機室にはプリンタが設置されており,情報メディア創成学類の学生の場合年間1200枚印刷することが出来ます。このプリンタは,全学計算機の端末からだけではなく,個人の端末からでも印刷データの送信が出来ることをご存知でしょうか?今回は,個人の端末から直接全学計算機のプリンタに印刷データを送信する方法を紹介します。

PaperCut MFを利用した印刷

個人の端末からの印刷データの送信を行うためには,「PaperCut MF」というサービスを利用します。

PaperCut MFへログイン

PaperCut MF
https://papercut-p01.u.tsukuba.ac.jp:9192/

まずは,筑波大学のPaperCut MFへログインします。上記のページにアクセスすると,ログインページが表示されます。下記の情報を入力してログインをします。

Username UTID-NAME(sから始まるユーザー名)
Password 全学計算機のパスワード

ログインに成功すると,下の画像のようなページが表示されます。

プリントジョブの送信

プリントジョブを送信するために,サイドメニューの「Webプリント」のリンクをクリックします。リンクをクリックすると,下の画像のようなページが表示されます。このページでは,Webプリントの利用に関する注意事項も表示されています。ジョブを送信する前に必ず確認してください。

スクロールすると「ジョブの送信」というリンクがあるのでクリックします。リンクをクリックすると,印刷部数を入力するページが表示されます。

このページで部数を入力することもできますが、学術情報メディアセンターのページではプリンタ横のオンデマンド端末で変更するようにとの記載があります。複数部印刷する場合でも,このページでは部数を1のままにします。

部数は 1 のままにし、右下の「3. ドキュメントのアップロード」をクリックします。部数は後で (オンデマンド端末で) 変更できます。
https://www.u.tsukuba.ac.jp/pdfupload/

また、PaperCut MFではモノクロ・カラーの選択ができません。モノクロで印刷したい場合はプリンタ横のオンデマンド端末で設定を変更します。

「3. ドキュメントのアップロード」をクリックすると,ファイルをアップロードするページが表示されます。

 

このページで印刷したいファイルをアップロードします。WordやExcelのファイルには対応していないため、そのソフトウェア側でPDF形式にエクスポートする必要があります。

ファイルを「ドラッグ」の枠にドラッグ&ドロップするか、「コンピュータからアップロード」ボタンから印刷したいファイルを選択します。

ファイルを選択ができると,下の図のようにファイル名とアイコンが表示されます。ファイルに間違いがなければ、「アップロードと完了」ボタンをクリックします。

 

その後は,計算機室で印刷する手順と同様です。印刷部数やモノクロ・カラー,両面印刷の設定を行うことが出来ます。

0